巻きのプロ KATAOKA MACHINE
2018年 7月19日   胴受けリフター、90度旋回リフター、吊り具のビデオを更新しました。

English

沿革 / 概要

沿革

沿革
1970 スリッターの製作開始
1975 コンピュータ制御による巻取機械を東京国際見本市に出品。
世界初の巻取り技術に高い評価を受ける。
1980 紙パルプ業界主催の佐々木賞を受賞する。
1981 スリッターの刃物と巻取りアームの全自動位置決めを実用化。
1986 品質と生産性のよさでベストセラー機となる KA700 型スリッターを開発。
1987 科学技術庁長官賞を受賞する。
1988 KA700 型スリッターが日刊工業新聞社主催の「日刊工業新聞社十大新製品」に選ばれる。
1990 スリッター、引取巻取機、ミルロール・ストレージ、包装機など、
製膜工程以降の全設備の統合制御システムを実現。
1993 スリッターの技術開発ならびに業界への寄与に対し、黄綬褒章を受賞。
2002 プライマリースリッターのコア供給や巻付け、原反交換の自動化を実現。
2005 クリーン度100対応スリッターの技術を開発。
2009 狭幅フリクションを開発し、狭幅製品の安定スリット技術を確立。

会社概要

会社概要
社名 株式会社片岡機械製作所
資本金 1 億円
従業員数 92 名
売上高 約 19 億円 ( 2004 年度 )
事業所 本社工場 / 愛媛県四国中央市寒川町
東京営業所 / 東京都港区芝大門
大阪営業所 / 大阪市淀川区西宮原
豊岡工場 / 愛媛県四国中央市豊岡町大町


本社工場 ( 7,200坪 )

Copyright(C) Kataoka Machine Co., Ltd. All rights reserved.